知っておきたい!外反母趾のための正しい靴選び

  • 外反母趾とは?
  • 治療法
  • 正しい靴の選び方
  • 靴通販ショップ
  • 対策グッズ
  • 痛みを伴う足の症状
HOME » 外反母趾の人はこう選びましょう【正しい靴の選び方】

外反母趾の人はこう選びましょう【正しい靴の選び方】

機能よりもデザインを重視して靴を選ぶなど、自分の足に合っていない靴を履き続けることが外反母趾の発症・進行に繋がると考えられています。

実際、外反母趾の症状を訴える人の多くが、つま先の細いハイヒール・パンプス・ミュールなどを履いているのが特徴です。

こういった靴を履き続けると足指を使わない歩き方になってしまい、徐々に筋力が低下。足裏のアーチ構造が崩れて関節や腱が緩み、外反母趾になってしまうのです。

外反母趾の予防は正しい靴選びから

外反母趾を予防するには、正しい靴選びが必須です。靴の種類別に選び方のポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

パンプス

ヒールの高さは3~5㎝が目安、できるだけ低いものを選びましょう。つま先は足指を圧迫しない、スクエアトゥ・ラウンドトゥが◎。伸縮性があって、足にぴったりフィットする素材も大切です。

スニーカー

かかとに靴を合わせたとき、つま先に1~1.5㎝ほどの余裕があるものを選びます。履いた状態でつま先を広げることができ、自由に動かせるものがベストです。足と靴の隙間は、指1本が入る程度にゆとりがあるものを。

サンダル

足の甲やかかとにストラップがついていて、安定感があるデザインを選びましょう。横から見たときに土踏まずが浮いていないか、靴底と足裏がぴったりフィットしているかどうかも重要です。

ブーツ

ブーツの筒の部分とふくらはぎのところに、指1本分くらいのゆとりがあるものが◎。甲の部分がフィットし、適度なホールド感があるとブーツと足との一体感が高まります。かかとの丸みとブーツのカーブが合っているかどうかもチェック。

スリッパ

靴と同じく「足を包み込む」デザインで、ベルトやマジックテープなどでサイズ調整ができるものがよいでしょう。足裏のアーチにフィットするものがベストですが、なければインソールでカバーしましょう。

インソール

靴の底に挿入して足裏のアーチを支えるインソールは、靴と足との一体感をアップさせるのに効果的。アーチサポートタイプ・高クッション性タイプ・オーダーメイドと種類があるので、自分に合ったものを選びましょう。

覚えておきたい正しいサイズの測り方

自分の足に合った靴を選ぶには、正しいサイズを測ることが第一。かかとから足指の一番長いところまでが「足長(サイズ)」、最も横幅が広い部分を「足囲(ワイズ)」と呼び、この2つのサイズをもとに靴選びをすることが大切です。

足長の測り方

  1. 足より大きい紙に横線を引き、垂直になるよう縦線を引きます。
  2. 横線の部分ピッタリにかかとを合わせ、縦線の上に人差し指がくるよう立った状態で足を置きます。
  3. 足の一番長い部分から、縦線に対して垂直に横線を引きます。
  4. 3で縦線と交わった点から、かかとまでの距離が足長となります。

足囲の測り方

  1. 柔らかいメジャーを使い、足の親指と小指の一番出っ張っている部分を通るようにしてぐるりとサイズを測ります。

外反母趾向けの靴を扱う
通販サイトおすすめブック

【このサイトについて】

痛くてつらい外反母趾でお悩み方に、少しでも痛みの改善や予防につながる情報を、個人的に調査してまとめたサイトです。通販ショップの掲載情報は季節ごとに変わる可能性があるので、最新情報は必ず公式HPをチェックしてくださいね。

PAGE TOP