知っておきたい!外反母趾のための正しい靴選び

  • 外反母趾とは?
  • 治療法
  • 正しい靴の選び方
  • 靴通販ショップ
  • 対策グッズ
  • 痛みを伴う足の症状

スニーカー

外反母趾の人でも履きやすいとされる、スニーカーの正しい選び方についてまとめました。

外反母趾にはスニーカーが最適?

歩きやすい形状で、足に負担がかかりにくいとされるスニーカー。靴の幅もゆったりめに設計されているので履きやすく、長時間の歩行や運動にも適しています。

しかし、「履きやすい靴=歩きやすい靴」と考えるのはNG。たとえスニーカーであっても、自分の足に合ったものでないと以下のようなトラブルを引き起こすこともあるのです。

  • サイズのゆるい靴を履いて歩くと足指の踏ん張りがなくなり、浮き指になる
  • 足指・足裏の筋力が弱まり、土踏まずのアーチが崩れる
  • 足指の付け根とかかとに体重が偏るようになり、疲れやすい
  • 親指の関節が変形して外反母趾を引き起こす

間違った靴選びをしていると、最終的にはスニーカーも履けないほど外反母趾が進行することもあります。まずは、自分の靴と足の状態を再確認することが大切です。

外反母趾を予防するスニーカーの選び方

外反母趾予防のためにスニーカーを選ぶのはよいですが、正しく選ばないと症状を悪化させる恐れがあります。スニーカーを選ぶ際には、以下のポイントを押さえるようにしましょう。

つま先部分に少し余裕があるものを選ぶ

スニーカーを履いたら、まずかかとを軽くたたいて足に靴を合わせます。その上で、つま先にやや余裕があるものを選びます。具体的には、つま先に1~1.5㎝ほどの空間があるもの。履いた状態でつま先を広げることができ、自由に動かせるものがベストです。余裕がなさすぎるとつま先が詰まってしまい、爪を痛めたり外反母趾の原因となることもあります。

靴幅はややキツめでOK

外反母趾の方には開帳足が多く、幅広の靴を選ぶ傾向があります。しかし、幅がゆるすぎると靴の中で足が前滑りし、つま先が靴に当たって圧迫されてしまいます。足と靴の隙間は、指1本が入る程度が◎。指が入らないほどキツすぎるものも、外反母趾を悪化させる原因となるので注意しましょう。

柔らかすぎるインソールが入ったものはNG

スニーカーの中には、足裏のアーチを支えるインソールが入ったものがあります。しかし、このインソールが柔らかすぎると関節部分が不安定になり、疲れやすく足指も変形しやすくなってしまいます。とくに外反母趾予防のためにはアーチをサポートする機能が重要なので、適切なものを選ぶようにしましょう。

外反母趾のためのおすすめスニーカー

シンプルやわらかスニーカー

外反母趾でも履けるfiifitのスニーカー

引用元:FITFIT公式HP
(http://www.doclasse.com/fs/doclasse/fitfit_sneaker/83545)

9,900円(税抜)

指を固定できて履きやすいフィンガーループをかかと部分に搭載。

アッパーの裏面は起毛のファブリックで肌あたりが柔らかく、痛みのある部分にも優しくフィットするのが特徴です。

このスニーカーを公式HPで
チェックする

126ウォーキングシューズ

外反母趾でも安心akaishiのスニーカー

引用元:AKAISHI公式HP
(http://akaishionline.com/products/detail.php?product_id=621)

15,000円(税抜)

特許取得の、外反母趾専用のフットベッドを搭載したスニーカー。

専用設計とストレッチ素材で、関節が変形した足にもしっかりフィットするようになっています。

出っ張った母趾が目立たちにくいのも◎。

このスニーカーを公式HPで
チェックする

AOSTA アオスタ

外反母趾でも安心して履けるbearのスニーカー

引用元:ベアーシューズ公式HP
(http://www.baer.co.jp/aosta-2989)

46,440円(税込)

ほとんど重さを感じないほどの軽量構造。

つま先はゆったり設計となっているため、外反母趾などで痛みがある足でも窮屈さを感じません。

サイドサポートで、足場の悪いところでも歩行の安全を確保。

このスニーカーを公式HPで
チェックする

外反母趾向けの靴を扱う
通販サイトおすすめブック

【このサイトについて】

痛くてつらい外反母趾でお悩み方に、少しでも痛みの改善や予防につながる情報を、個人的に調査してまとめたサイトです。通販ショップの掲載情報は季節ごとに変わる可能性があるので、最新情報は必ず公式HPをチェックしてくださいね。

PAGE TOP