知っておきたい!外反母趾のための正しい靴選び

  • 外反母趾とは?
  • 治療法
  • 正しい靴の選び方
  • 靴通販ショップ
  • 対策グッズ
  • 痛みを伴う足の症状

巻き爪・陥入爪

足のトラブルに多く見られる巻き爪・陥入爪の原因と症状について詳しく解説しています。

早めの対策が重要な巻き爪・陥入爪の原因

巻き爪・陥入爪_イラスト陥入爪とは、爪の先端や側面が周囲の皮膚に深く食い込んだ状態。とくに爪の曲がり方が強い場合のものを、巻き爪とも呼びます。

日本人は10人に1人が陥入爪・巻き爪と言われており、男性よりも女性によく見られる症状です。

巻き爪・陥入爪になる原因には、以下のようなものが挙げられます。

足に合っていない靴

足の形に合っていない靴を履き続け、爪の周囲が圧迫され続けると巻き爪・陥入爪になりやすくなります。

つま先の細いパンプス・サンダル・ハイヒールなどを履く機会が多い場合は、とくに注意が必要。

また、立っている時間が多い人は足に負担がかかりやすくなり、巻き爪・陥入爪になりやすいと言われています。

深爪をするクセがある

深爪をすると、爪の周囲の肉や皮膚が盛り上がってきます。すると、爪の両側面から圧迫が起こり、爪を巻き込んでしまうのです。

巻き爪になると痛みを軽減させるために深爪をしがちですが、これは逆効果。爪は短く切らず、適度に伸ばすようにしましょう。

その他

親指に大きな負荷をかけるスポーツを続けたり、妊娠や肥満で急激に体重が増加すると足指に負担がかかり、巻き爪・陥入爪になることがあります。

また、遺伝的要素も原因の1つ。親が巻き爪・陥入爪で悩まされている場合、爪の形状が似ている子どもも高確率で症状を発症しやすいようです。

巻き爪・陥入爪の症状と特徴

陥入爪・巻き爪が発生するのは、主に足の第1趾。いわゆる親指です。

初期状態では痛みを感じず、「爪が丸まっているな」と感じるくらいですが、放置すると圧迫による痛み・赤み・腫れが生じるようになります。

爪が食い込むことによる炎症が長く続くと、肉芽組織が形成されます。肉芽組織は出血や膿を持ちやすく、浸出液が周囲の皮膚に触れるとただれが発生。

爪も柔らかくなってしまい、さらに変性が進んでしまうのです。痛みも当然強くなり、足をかばって歩くことで足首・膝・腰などに負担がかかることもあります。

足をこまめにチェックして、異変に気づいたら早めに対策を取ることが重要です。

かかるべき病院と治療法

巻き爪・陥入爪の検査や治療は、整形外科・皮膚科・形成外科などで受けることができます。どの科にかかるにしろ、爪に対する専門知識とノウハウを持った病院を選ぶことが大切です。

巻き爪・陥入爪の治療法は以下の通り。

VHO式矯正法

VHO式矯正法とは、専用のワイヤーを使用した巻き爪の治療法。VHOとは、Virtuose(熟練した)・Humane(人間的・痛みが少ない)・Orthonyxie(矯正法)の頭文字を取ったものです。

これは、フック状のワイヤーを爪甲の両端に引っ掛け、引き上げることで形が真っすぐになるよう調整する方法。痛みも少なく出血もありませんが、自費治療となります。

フェノール法

食い込んでいる爪を部分的に取り除き、爪が生えてくる爪母(そうぼ)をフェノールという薬品を使って変性させる方法。

変性した爪はその部分だけ生えてこなくなるため、巻き爪・陥入爪の症状が改善されます。症状が進行し、痛みが強い場合に適用されます。

マチワイヤー法

形状記憶合金であるマチワイヤー(ニッケル・チタンの合金)の弾力を利用し、テコの原理で巻き爪・陥入爪を矯正する施術法。

一度ワイヤーを装着すると数ヵ月以上にわたって回復力(元の形に戻ろうとする力)を発揮するため、少しずつ爪の形が矯正されていきます。

自分でできる!巻き爪・陥入爪の対処法

正しい爪の切り方をマスターしましょう

爪は角を切り落とさず、四角い形にカットするようにしましょう。爪の先端を真っすぐ・両端を直角になるようにカットすると、巻き爪になりにくい形に整えることができます。また、爪は白い部分を1㎜程度残しておくようにし、深爪にならないよう気をつけてください。

テーピング

テーピングで盛り上がった皮膚を引っ張り、爪から引き離すことで巻き爪・陥入爪の改善が望めます。テープは伸縮性のあるものを選び、食い込んだ皮膚に張りつけて外側もしくは下側に引っ張り、らせんを描くように足指に巻きつけ固定するだけです。程度の軽い症状であれば、テーピングだけでも十分に効果があります。

コットンパッキング

コットンパッキングとは、米粒くらいの大きさに丸めたコットンを、爪と肉の隙間に入れる方法。巻き爪の応急処置として、よく用いられる方法です。繰り返して行ううちに爪の角が上に伸びるようになり、巻き爪になりにくくなります。

足指に負担をかけない靴選び

つま先の細いパンプス・サンダルなどを避け、靴の中で足指が自由に動くデザインの靴を選ぶようにしましょう。サイズは自分の足にぴったりフィットするもの、大きすぎるものは症状を悪化させることがあるのでNGです。

外反母趾向けの靴を扱う
通販サイトおすすめブック

【このサイトについて】

痛くてつらい外反母趾でお悩み方に、少しでも痛みの改善や予防につながる情報を、個人的に調査してまとめたサイトです。通販ショップの掲載情報は季節ごとに変わる可能性があるので、最新情報は必ず公式HPをチェックしてくださいね。

PAGE TOP