知っておきたい!外反母趾のための正しい靴選び

  • 外反母趾とは?
  • 治療法
  • 正しい靴の選び方
  • 靴通販ショップ
  • 対策グッズ
  • 痛みを伴う足の症状

原因

なぜ外反母趾になってしまうのか、その原因についてまとめました。

知っておきたい外反母趾の原因

外反母趾とは、足の親指が外側にある小指の方へ曲がってしまう変形のこと。付け根の関節が「く」の字のように外へ向かって突出し、靴に当たることで痛み・腫れなどの症状を引き起こします。外反母趾は、親指の曲がった角度によって重症度が分かれています

外反母趾重症度チェックシート

  • 正常:15度未満
  • 軽度:15~20度
  • 中度:20~40度
  • 重度:40度以上

外反母趾は症状が重くなるほど体への負担も増し、足だけでなく肩こり・膝痛・腰痛・頭痛・めまいなどの全身症状を引き起こす恐れもあるため、日頃からの予防と早期の治療が必要です。

そんな外反母趾の原因には、以下のようなものが挙げられます。

足指の筋力低下

外反母趾の原因とひとつと考えられているのが、足指の筋力低下です。足裏には、外側の縦にある「外アーチ」・土踏まずの部分である「内アーチ」・足指下のふくらみ部分の下を横断する「横アーチ」の3つのアーチがあります。

このアーチを形成する骨格は、筋肉で支えられており、筋力が低下するとアーチが崩壊。関節が緩みやすくなり、外反母趾になりやすくなると言われています。

靴が自分の足に合っていない

自分の足の形に合っていない靴を履き続けることも、外反母趾の原因となります。外反母趾はとくに女性に多く見られる症状ですが、その女性の多くがつま先の細いハイヒール・パンプス・ミュールなどを履いているのが特徴。

つま先が細く・土踏まずの部分が平らな靴を履き続けていると、足指に力が入らず筋力が低下。アーチが崩れて外反母趾を発症してしまいます。

歩き方

外反母趾を訴える人の多くは、足指の力を使わない「ペタペタ歩き」をしています。これはかかとに重心を残した状態で次の一歩を踏み出す歩き方で、足の指で踏ん張ることをしていません。そのため、足指の筋力がどんどん低下して、外反母趾が進行してしまうのです。

ちなみに、自分の足に合った靴に替えても、歩き方が変わらなければ外反母趾は改善しません

遺伝的要因

ハッキリとした因果関係は認められていませんが、足の形の遺伝も外反母趾になりやすい要因のひとつと考えられています。足の形と外反母趾の関連性は以下の通り。

足型遺伝の3種類の画像

  1. スクエア型
    親指から中指までの長さがほぼ同じのタイプ。日本人の5~10%が該当。靴が足に当たりやすく、タコ・ウオノメ・靴擦れなどが起きやすいと言われています。
  2. ギリシア型
    足の人差し指(第二趾)が一番長いタイプで、日本人の10~25%ほどがこれに該当。靴の中で人差し指が折れ曲がって変形し、槌趾(ハンマートゥ)になりやすいとされています。
  3. エジプト型
    5本の指の中で、親指が一番長いタイプ。日本人の70~80%がこれに該当し、外反母趾・内反小趾になりやすい形と言われています。

外反母趾向けの靴を扱う
通販サイトおすすめブック

【このサイトについて】

痛くてつらい外反母趾でお悩み方に、少しでも痛みの改善や予防につながる情報を、個人的に調査してまとめたサイトです。通販ショップの掲載情報は季節ごとに変わる可能性があるので、最新情報は必ず公式HPをチェックしてくださいね。

PAGE TOP