知っておきたい!外反母趾のための正しい靴選び

  • 外反母趾とは?
  • 治療法
  • 正しい靴の選び方
  • 靴通販ショップ
  • 対策グッズ
  • 痛みを伴う足の症状
HOME » 外反母趾の治療法を知る » 関節形成術

関節形成術

外反母趾の手術療法のひとつである、関節形成術についての概要をまとめました。

外反母趾の関節形成術とは

外反母趾の症状が進行し、関節の破壊が著しい場合に用いられるのが関節形成術。機能を失った関節を作り直し、本来の機能を取り戻すのが目的です。

数年前までは、主に関節リウマチの手術法として知られていました。

関節形成術は、腰椎麻酔もしくは全身麻酔で行われます。手術の時間は症状によって異なりますが、1~2時間程度が目安。輸血の心配はほとんどありません。

手術は、外反母趾で出っ張った中足骨の末端を削って真っすぐに整形。出っ張った部分がなくなることで痛みが取れ、歩きやすくなります。

足指の先に不安感(グラグラするなど)があり、足が踏ん張れなくなるような場合は、銅線(針金)を入れて固定することもあるようです。

術後はギプスを巻き、足部~足関節までを固定します。かかとを使って歩くことはできますが、ギプスを装着している間は足に体重をかけないようにすることが大事。
体重をかけすぎてしまうと、外反母趾が再発する恐れがあります。

ギプスは2~3週間ほどで外し、銅線を入れた場合は同時に抜去します。皮膚や骨と銅線は癒着しないので、痛みはありません。
ギプスを外した後は足底板(インソール)を使い、少しずつ体重をかけていきます。普通に体重をかけて歩けるようになるには、術後2~3ヵ月ほどかかるようです。

こんな症状に適しています

関節の重い変形・運動制限があり、薬物療法や運動療法でも改善が見られず、強い痛みを訴えている場合などに適用されます。

外反母趾による変形で外観が気になったり、不便を感じている場合にも選択されることがあります。

関節形成術を受けることによるメリット・デメリット

メリット

1回の手術で、外反母趾による関節の変形を治療できます。
運動療法・装具療法などに比べると短期間で効果が出るため、骨の変形を早く治して普通の靴を履きたい・痛みを取って自由に動きたい、という方にはメリットが大きいと言えるでしょう。

骨を切除するため足が少し小さくなり、やや踏ん張りが弱くなりはしますが、日常生活に大きな影響はないようです。

デメリット

手術による負担が大きくなることがデメリットです。術後は一時的に腫れ・痛み・しびれなどが出ることがあり、出血や細菌感染のリスクもあります。

また、普通に歩けるようになるまで2~3ヵ月ほどかかるため、仕事や通学などに影響が出ることも考えられます。

外反母趾向けの靴を扱う
通販サイトおすすめブック

【このサイトについて】

痛くてつらい外反母趾でお悩み方に、少しでも痛みの改善や予防につながる情報を、個人的に調査してまとめたサイトです。通販ショップの掲載情報は季節ごとに変わる可能性があるので、最新情報は必ず公式HPをチェックしてくださいね。

PAGE TOP